婦人科検診関連まとめサイト

婦人科検診関連まとめサイトについてのご紹介


婦人科検診お役立ち情報を解説します!kanngoshi2

女性特有の病気の早期発見や早期治療、発症するのを予防するのを目的に行われているのが婦人科検診です。婦人科検診は乳がん検診や子宮がん検診だけでなくその他にも女性にみられる症状にあわせて検診を受けることができます。初めて婦人科検診を受診する場合はある程度ポイントを押さえておくとスムーズに検診を受けることができます。まず、生理中の受診は控えるようにしましょう。生理中は病変が見つけにくくなってしまうことがあり、正しく検査ができない可能性があるからです。また問診票に月経周期などの記入が必要になることがあるので、最近の月経周期を把握しておくようにしましょう。検査の前日の性行為はできるだけ避けましょう。また身体を清潔にすることは良いですが、膣内まで洗ってしまうと正確な診断ができないことがあるので気をつけましょう。当日は内診台に乗って検診を受けるのでスカートで行くようにすると受診がスムーズです。ただしタイトスカートは避けましょう。自治体によっては助成金がでる場合があるので、事前に確認しておくようにすると良いです。

婦人科検診は1年に1度の定期的な受診が重要です!
乳がんや子宮がんは定期的な検診によってがんになる前の状態を見つけることができます。
婦人科検診の施設検索ならマーソ(MRSO)

 

 

間違いだらけの婦人科検診seiritsu-100703-s

婦人科検診とは、乳がんや子宮ガン、卵巣がんなどの女性特有のがんに対する検診です。
乳がん発見のためマンモグラフィー検査が行なわれるようになってから何年かが経過しますが、乳がん患者の死亡率は低下していないという事実があります。
マンモグラフィー検査はX線を利用して乳がんを発見するものですが、若年層の女性が毎年検診を受けた場合、X線被ばくによりがんを誘発するという問題や検査に痛みを伴なうというデメリットが問題となっています。
また、触診や視診でがんが確認できる程度となっている場合、それだけである程度がんが進行してしまっているケースが多いでしょう。
本来、乳がんの罹患率が高くなる年齢は60代以降です。
マンモグラフィー検査では、乳がんが白く映り出されることで、発見となりますが、若い女性は乳腺が高密度で、年齢と共に密度が低くなり、乳腺も白く映し出されるため、若年層のがん発見がしづらい点があります。
婦人科検診に意味がないとは言えませんが過剰な検査の有用性が低いと言えるのです。

 

medical_nyugan婦人科検診の施設をお探しならイーク丸の内を検索!